矢ノ原湿原

Pocket

日本で2番目に古いとされる矢の原湿原は、高層・低層湿原で貴重な動植物の宝庫。春から夏にかけ、水芭蕉やミツガシワ、ワタスゲ、矢の原沼には白い小さなヒツジグサの群生が見られます。希少なハッチョウトンボや絶滅危惧種のマダラナニワトンボも生息しています。一周約40分で周れる遊歩道も整備され、軽装でも楽しめるおすすめハイキングコース。秋の紅葉の時期は、撮影スポットとして多くの写真愛好家でにぎわいます。
※駐車場、トイレ完備

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イベント

11月 2018
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 10月   12月 »

昭和村特産品

  1. からむし織

    イラクサ科の多年草植物のからむし(苧麻)の茎から繊維を取り出して糸にし、織り上げられた「からむし織」…
  2. カスミソウ

    地中海沿岸が原産の宿根カスミソウは、夏でも涼しい昭和村の気候に適し、夏秋期の生産量日本一。寒暖の差が…
  3. エゴマ(じゅうねん)製品

    シソ科の植物で、食べると十年長生きするといわれることから“じゅうねん”とも呼ばれるエゴマは、最近テレ…

リンク

ページ上部へ戻る