からむし織

Pocket

イラクサ科の多年草植物のからむし(苧麻)の茎から繊維を取り出して糸にし、織り上げられた「からむし織」は、通気性・吸湿性・耐久性に優れ、氷をまとったような涼しさと表現されるその質感は、蒸し暑い日本の夏にこそぴったり!平成29年には伝統的工芸品として「奥会津昭和からむし織」が指定されました。そのほか、からむしを使用した帽子やストール、名刺入れなど普段でも気軽に持ち歩くことのできる製品も増え、お土産にも喜ばれています。
からむし製品は、「道の駅からむし織の里しょうわ」にて購入可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イベント

11月 2018
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 10月   12月 »

昭和村特産品

  1. からむし織

    イラクサ科の多年草植物のからむし(苧麻)の茎から繊維を取り出して糸にし、織り上げられた「からむし織」…
  2. カスミソウ

    地中海沿岸が原産の宿根カスミソウは、夏でも涼しい昭和村の気候に適し、夏秋期の生産量日本一。寒暖の差が…
  3. エゴマ(じゅうねん)製品

    シソ科の植物で、食べると十年長生きするといわれることから“じゅうねん”とも呼ばれるエゴマは、最近テレ…

リンク

ページ上部へ戻る